新着情報

東日本大震災お見舞い申し上げます [2011/03/16]

このたびの東日本大震災におきまして、被災されました皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

当社で運営しているエコチャレの会員の皆様にご送付させていただいたメールを掲載させていただきます。

 

3月11日(金)に三陸沖で発生した東北関東大震災により、被災された皆様、またそのご家族の方々におかれましては
心よりお見舞い申し上げます。
 
 
関東圏を中心に計画停電が実施され、原子力発電の事故に伴い
放射線物質の漏洩、製油所被害によるガソリンや灯油の不足など、大変生活に支障が生まれています。
 
この未曾有の災害のうち、大地震はどうしようもない部分ですが、
原子力発電の事故や物資の不足部分については、私たちの過去の選択においてリスクへの考慮が不足していたことが
原因といってもよいと思います。
 
 
原子力発電は【神の火】とも言われました。
 
この神の火を制御できると考え、制御できることを信じたのは私たちです。
 
神の火が【業火】となり、私たちを苦しめる結果になっています。
 
電力会社だけを責めることはできません。
 
選択したのはみんなの責任です。
 
今も相次ぐ事故に襲われ、放射線量の高い現地で、それでも不眠不休で命を懸けて【神の火】を抑えようと必死に戦っておられる
方がおられます。
 
 
このあまりに尊い教訓と、悲しい犠牲を糧に、知恵と力をあわせ、この苦境を乗り越えていき、本当に素晴らしい国をつくろうでは
ありませんか。
 
 
その中で今、私たちにできることは何かと考え、思いつくことをお知らせしたいと思います。
 
------------------------------------------------------------------------------------------
ただし情報は混乱の中にあります。このメールでお伝えする内容にも残念ながら誤った情報が含まれるかもしれません。
 
数多くの情報からご自分で正しいと思われる信じるべき情報を、ご自分の責任で選ばれることをお勧めします。
------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
●災害ボランティア●
 
被災地で大変お困りの方をテレビや新聞で知るたびに、お助けしたい、
自分にも何かできないか、幸い今週末は3連休なので現地にボランティアとして参加できないかとお考えの方もおられるでしょう。
 
避難場所は2400ヶ所、非難されている方は40万人にもおよび、
ご支援が足りないことは容易に想像できます。
 
しかし現状では被災地に向かう交通網が混乱していること、
さらに現地への緊急車両の通行を優先するため、現地に赴くことはかえって迷惑となります。
 
現地だけでなく、関東圏もガソリン、食事が不足しています。
 
現地の食料燃料を奪ってしまうことにもなりかねません。
 
今は被災地に入らず、情報収集にあたられ、本当に動けるときに備えられたほうがよろしいと思います。
 
 
●情報を見極める●
 
チェーンメール、義援金詐欺、放射線漏洩に関わる噂など数多くの根拠のない情報が広がっています。
 
「広げてください」と書かれていると、広げることが少しでも支援になるような気がしますが、誤った情報を広げるとかえって混乱を招きます。
 
情報は鵜呑みにせず、特に「○○から聞いた」という伝え聞きの情報は広げないことが大切です。
 
 
●計画停電、何ができるのか?●
 
全国的に原油、灯油、ガソリン、それから生まれる電力が大変不足していますので、エネルギーの節約が大切です。
 
(1)消費電力の高い家電の使用を控える
 
電力消費のピークを避けるためにも、消費電力の大きい家電の消費はできるだけ控え、アイデアで乗り切りましょう。
 
<消費電力の高い家電>
 
 -IHヒーター
 -エアコン
 -乾燥機
 -ドライヤー
 -掃除機
 -アイロン
 -食器洗浄機
 -オーブン、レンジ
 -電気給湯器
 -こたつ、電気カーペット
 
※起床・就寝時間、食事の時間をいつもより数時間ずらすのもピークをずらす効果があります。
 
 
(2)消費電力量の大きい家電の使用を控える
 
消費時間の多い家電は時間を最小限に減らす、使わないときは主電源を切るなど使う時間を減らしましょう。
 
 -照明(常夜灯)
 -電気ポット
 -温水洗浄便座(トイレ)
 
 
(3)ガスを使う
 
現状電力と比べてガスのほうが余裕があるようです。同じ機能をガスで代替できるのであれば、電気ではなくガスを使いましょう。
 
 -ガス暖房
 -ガスコンロ
 -ガス暖房機
 -圧力鍋を併用
 
(4)洗濯量を減らす
 
汚れがひどくない衣類は洗濯を控え、何度か使えるはずです。
洗濯量を減らし、洗濯回数を減らしましょう。
 
 
(5)節電できると思われる箇所を指摘する
 
残念ながら街を見るとまだまだ無駄に動いている機器が見られます。
ほとんど使われない自動販売機、営業していないのに灯されている店舗サイン、廊下の照明も昼間ならまだ減らせるはずです。
 
見つけたらご指摘されるとよいと思います。
 
 
(6)無駄な買占めをしない
 
トイレットペーパーの買い占めが起こっているそうですが、停電でもトイレットペーパーは不足しません。
 
普段温水洗浄トイレを使っていてトイレットペーパーを使っていないのであれば必要になりますが。
 
また今週に入ってからガソリンスタンドの待ち行列もすごい数です。
ガソリン・灯油に関しても買い控えた分が被災地に回されると考えて、無駄な買い占めは控えましょう。
 
 
 
●心を強くする
 
逃げ惑う方々、愛する人を亡くして悲しまれる方々、次々と明らかになる被害、まだつづく余震、
収束の気配がない原子力発電事故など心がおれそうになるほど不安が広がっています。
 
その中でも立ち上がろうとする声、世界中から伝えられる応援の声も伝わってきています。
 
中でも「prayforjapan」というサイトで心が強くなるメッセージがまとめられていますので、ご紹介します。
http://prayforjapan.jp/message/
 
読んでいると鼻の奥がツーンとなり、希望が生まれます。
 
一つご紹介します。
 
---------------------------------------------------
避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」
と漏らしたとき、横に居た高校生ぐらいの男の子が
「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」
って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。
http://prayforjapan.jp/message/
---------------------------------------------------
 
カテゴリ: サービス

このページの先頭へ戻る