コラム

「なでしこ」でイメージする女性とは? [2011/08/03]

 

こんにちは。
 
先日の「なでしこジャパン」のW杯優勝は盛り上がりましたね。
 
この悲しみの多い日本に多くの勇気を与えてくれたことだけでも、
大変に価値のある優勝だったと思います。
 
 
ところで、「なでしこ」とはどんな意味と感じられているでしょうか?

 

 

 
「なでしこ」の花言葉は「純愛・無邪気」だそうで、
「なでたい位かわいい子」という意味の「撫でし子」が由来という説も
あります。
 
つまり、「かわいい女性」という意味で使われていることが
あるようです。
 
 
一方で、「大和撫子」というと、日本の気品のある美しい女性という
意味にとらえられる方もおられるのではないでしょうか?
 
 
清楚で、おしとやかで、謙虚でありつつも、芯は強くしっかりしていて
規律を守っている女性、こういうイメージです。
 
 
「やまとなでしこ」には、清楚だけでなく、もう少し強めのイメージの
方もおられるでしょう。
 
普段は清楚だけれども、いざというときには、大胆で凛々しく、勇敢
というイメージをもたれている方もおられるでしょう。
 
 
「なでしこジャパン」の活躍を目の当たりにすると、「かわいい」だけ
でなく「勇敢・大胆」という印象をもたれたのではないでしょうか?
 
 
「なでしこ」や「サムライ」のような言葉が日本で使われているのは
そこに憧れのようなものがあるからでしょうが、日本人らしい歴史、
文化もあるのだと思います。
 
 
・個人のためではなく、チームのために行動する
 
・私利私欲ではなく、滅私奉公の精神がある
 
・規律を守る。
 
・いざというときには大胆かつ勇敢に行動する
 
このような方ではないでしょうか。
 
 
 
震災時に、自らの寝食や生命すら犠牲にしながら多くの命を助けようと
献身的に活動された勇敢な方々を私たちは本当に「立派な方だ」と
尊敬しました。
 
 
自分だけを考えるのではなく、みんなのことを考え、
今だけを考えるのではなく、将来のことを考え、
人に対して優しく、しとやかに、慈愛を持って接し、
凛として、大胆かつ勇敢に行動する。
 
 
まさに「なでしこ」であり「サムライ」である方々です。
 
 
環境問題の解決も、まさに「滅私」や「みんなの将来を考える」精神が
大切です。
 
 
こういう方々を議員や、首相に選ばなくてはなりません。
 
 
ところが、日本にはこういう方が多くおられるにもかかわらず、
残念ながら、私たちは「サムライ」や「なでしこ」を見極め、
選ぶ力がまだないようです。
 
 
おそらく近いうちに私たちに「なでしこ」「サムライ」を推薦する
チャンスがやってくるはずです。
 
 
私利私欲を捨てて、公のために奉仕できる人物かどうかをどうやって
見極めるか、私たちも「目」を磨きましょう。
カテゴリ: 今週のニュース

このページの先頭へ戻る